Lady's clinic

一人で悩まずに口コミの情報を集めたり専門の医師に相談したりする

女性

知っておくと助かる知識

悪阻の症状は人によって様々な症状がある

妊婦

多くの女性が妊娠すると悪阻などの経験をしますが、中には悪阻がまったくないという人もいます。そのため自分だけがおかしいのではないかと不安に感じる人も少なくありません。悪阻は人によって症状も期間もまったく異なります。悪阻による不安は胎教によくないため不安に感じることがあれば、かかりつけの医師に早めに相談して不安を解消しましょう。医師に相談するのは定期検診のときが一番良いですが、不安なら事前に電話連絡をしてから病院に向かうようにしましょう。突然来院しても対応できないことがあるため、注意が必要です。

精神的なケアも大切

ナイフとフォークを持つ女性

妊娠期間中はある程度の食事制限が必要になってきます。普段からお酒を飲む人やタバコを吸う人はそれを止めなければいけません。また、食事のバランスや食べるものにも気をつけなければならないため、精神的に追い詰められてしまう人も少なくないのです。精神的に疲れを感じたり、不安になってしまったりした場合はメンタルケア専門の医師に話を聞いてもらうようにしましょう。看護師などに話を聞いてもらうのも良い方法です。出産予定日を過ぎてもなかなか生まれてこない人もいます。そういった場合は、どういった方法で対応するべきなのか、予定日以外の日に陣痛が起きてしまったときにどうしたら良いのかなどを事前に学んでおきましょう。

皆が経験者!体験談を見れば安心できる

コミュニケーションをとれる病院

妊娠中も出産直後もホルモンバランスや体調の変化でダウンしているときに、気さくに話かけてくれて沢山相談に乗ってもらうことができる病院だったため安心して通い続けることができ、無事に母子共に健康に出産することができました。気分が落ち込みやすい時期だからこそ、しっかりと話を聞いてくれ励ましてくれる医師や看護師の存在は有難かったです。

産後のサポートも万全

悪阻が酷く、妊娠期間中は好きな物を満足に食べることができませんでした。また、後陣痛もあり産後の授乳も苦戦しながら行なっていたのですが、痛みが酷いときは看護師が代わりにミルクをあげてくれたり、入院中の食事は栄養バランスも良く豪華な食事だったりしたため、気兼ねなく過ごすことができました。そのおかげで退院後はしっかりと頑張ろうと思えました。