Lady's clinic

選ぶときのポイントを知っておくと安心!こだわりたい人は必見

女性

病院を選ぶときのポイント

入院するときの部屋を確認しておきましょう

病院によって設置されている設備や部屋の環境は大きく違ってきます。例えば完全個室になっている病院もあれば、他の女性と同室になっている部屋もあります。あまり他人の存在を気にしない人ならば同室でも快適に過ごすことは可能ですが、他の人がいるとリラックスすることができないという人は、個室がある大きめの病院を選ぶようにすると良いでしょう。地域によっては個室の予約ができないというところもありますが、そんなときでもカーテンがあったり、一人で過ごせるように気を使ってくれる病院はきっとあります。

院内の設備と環境を調べておきましょう

場所によって設置されている設備は大きく異なります。食堂がついている場所もあれば、エステや美容室がある所もあるため、充実した環境の中でひとときを過ごしたいと思っている人は設備を事前に調べておくと良いでしょう。中には最新の出産方法が導入されている病院もあり、無痛分娩ができるように設備が整えられていることもあります。また、院内の環境は清潔か、明るいかなど調べておくようにしましょう。そうすることで、産後も安心して快適に過ごすことができます。入院するのは平均一週間ですが、もしものときは長期的に入院することもあるかもしれません。

産婦人科のこれだけはチェックしておこう

出産において、産婦人科医と看護婦は心強い味方になってくれる存在です。どうすればそんな頼れるスタッフがいる病院を利用して出産をすることができるのでしょうか。それには事前の調査が必要です。分からないことだらけの出産を、少しでもやりやすくするためには欠かせません。チェック項目を作っておき、それに当てはまる病院を探していきましょう。

病院によって入院費用が変わります

快適な設備の中で産後過ごしたいと思っている人は、入院費用がどのぐらい変わるのかも調べておいた方が良いでしょう。病院の設備や入院日数によって費用が異なるため、基本的な金額を知っておくことが大切です。出産のときにかかる費用は、国や県などの自治体から出る場合もありますが、出してもらえる金額には限度があるため限度を超えた分は自分達で負担しなければいけなくなってしまいます。設備が整っている病院ほど高いところもあります。例としてはホテルのようなアメニティが利用できるところだと高額になるでしょう。

気軽に頼ることができる看護師がいるか

多くの人が子供を産めば悪阻も陣痛も無くなって、普段の生活に戻ることができると思っていますが、実は違います。人によっては産後もしばらくの間は後陣痛という症状が起きる人もいますし、すぐに食欲が戻らずに体力が減ってしまう人もいます。そのため入院している病院の看護師と協力しながら、新生児の世話をしなければいけないのです。協力しながら世話をするためにも、母親の気持ちに寄り添ってくれる看護師がいる病院を選んで下さい。カウンセリングの際には医師と話すことになりますが、看護婦にも注目してみましょう。

医師の腕前や人当たりの良さを見る

妊娠中の女性は、些細なことで不安になってしまうことがあるため、話をしにくい医師の診察では気になる事を気軽に質問することができません。気軽に質問することができないと、場合によっては子供の成長に影響が出てしまうこともあります。かかりつけの医師を選ぶ際は、気軽に質問をすることができる人柄の先生を選ぶようにすると良いでしょう。また、今までどういった出産に立ち会ったのかなどの実績を知る事で技術レベルが分かります。難しい出産のときは医師を紹介されることもありますが、患者の身体を一番に考えてくれるような医師だとそういったことも早く判断してくれます。